JAPANお問い合せ・資料請求会社案内採用情報サイトマップENGLISH
ALGAEスピルリナゲルマニウム天然色素製品一覧法人の方
HOME > 天然色素
天然色素
<スピルリナ青色色素とは…?>
スピ・ブルー
スピルリナ青色色素は藍藻類のスピルリナから抽出した水溶性の天然色素です。青色色素の主成分であるフィコシアニンはタンパク質結合色素で、水溶液は鮮やかな青色をしています。
 
[ 主な用途 ] 
アイスクリーム類・糖衣・ガム・グミ・粉末ジュース・餡・餅・麺類・わさび・清涼菓子・ゼリー・カプセル・キャンディなどの天然着色料として利用されています。

試薬用フィコシアニンの製造
[ フィコシアニンについて ] 
フィコシアニンは藍藻の持つ光合成色素の一つで、藍藻類に多く含まれます。
構造的にはフィコシアノビリンと植物タンパク質とが共有結合した色素であり、タンパク質と類似した性状を示します。
フィコシアニンは私たち人間の体内の胆汁中に含まれているものと同類です。
胆汁とともに十二指腸に送られて代謝中に酸化し、腸壁に戻され鉄と反応してヘモグロビンに変わります。これらのことや安全試験から、スピルリナ青色色素が食品として安全なものであるということが証明されています。
自然界において青色色素を含有しているものは少ないため、製造される青色の天然色素の種類も大変少ないです。そのため、鮮明な青色を呈するスピルリナ色素は貴重な天然色素として大変高く評価されています。
現在は冷菓、製菓、わさび粉末等、長時間熱のかからない食品の着色に使用されています。
また、ジャパン・アルジェ(株)ではフォトセンサーや細胞標識に使用する試薬用フィコシアニンの製造も行っております。


お問い合わせは営業部天然色素課までお問い合わせ
このページの上へ
製品一覧
海洋深層水純粋培養スピルリナ
スピルリナ100%シリーズ
スピルリナ含有製品
有機ゲルマニウム
植物性有機ゲルマニウム
有機ゲルマニウム関連製品
田七人参
スキンケア商品/入浴剤
ジャパン・アルジェ株式会社 Copyright (C) 2003 JAPAN ALGAE co.ltd. All Rights reserved.
プライバシーポリシー